カウンセリング

治療に関して知ろう

いぼを除去するメリットは、放置する事で数を増やしたり大きくなってしまうのを防ぐ事が出来ると言う事です。治療を受ける際は出来るだけ衛生的にする事と、日焼けをしないようにする事で傷を綺麗に治しやすくなります。

顔を触る人

キレイなお肌を目指す

いぼにはウィルス性と非ウィルス性のものがあります。遺伝なども関係してくるので、悪性なのか良性なのか皮膚科で診察をしてもらうとよいでしょう。そうすることによって治療を行うべきなのかどうかも分かってくるでしょう。

出来物ができてしまったら

美容整形

その種類と適した治し方

いぼの種類によっては、自宅で市販薬を使いながら治療できるものもあります。特に急いで治す理由がないのであれば、市販薬を使用して様子をみてみるのも一つの方法です。もしそれで改善の兆しがみられなかったら、次は医療機関で治すことも検討してみましょう。医療機関では自宅での療法と違い、いろいろな治療法が選べるメリットがあります。また専門家に診断してもらってから治療に入れるので、より適切ないぼの治療が可能です。医療機関での診察は、まず問診後に実際にいぼの状態や種類を確認してもらいます。そこで治療方針をどうするか説明をしてから、実際の治療をしてもらうことになるでしょう。ちなみに皮膚科でいぼの治療をする場合、内服薬と液体窒素、それにメスや炭酸レーザーで患部を切除して治す方法から治療法を選択することになります。どのやり方になるかは医師の診断で決定するので、その場になってみないとわかりません。ただしいぼの治療をするにあたっては、完全に治りきるまで何度か通院することになることがほとんどです。ゆえに、スケジュールに余裕がある時期に治療に入るのがおすすめといえます。いぼの治療をする場合は、その種類によって対処法が変わります。たとえば水いぼの治療は、ピンセットでつまんでひとつずつ患部を潰して行く方法で治していくことになります。これはできものの原因が伝染性軟属腫ウイルスによるものだからで、無作為に潰してしまうとそれが拡散してかえって患部が広がってしまうからです。さらに一度きれいに治しても潜伏期間を経てふたたび再発することがあるため、1週間から2週間ほど期間をおいて様子をみながら治療をしていくことになります。ウイルスが原因になっているいぼ以外なら、レーザーや液体窒素、あるいはメスで切除することになるはずです。どの方法で治療していくかは大きさや患部の場所にもよるので、納得できるまで担当医師と相談するようにしましょう。最近は炭酸レーザーでいぼの治療をするケースが増えていて、こちらで治すと短期間できれいに取り除くことができます。とはいえ使用する際は一定の条件があるので、患部の状態や体質をみたうえで使用することになるでしょう。

顔を触る人

レーザーを使った治療法

いぼの治療は複数ありますが、多くのクリニックで使われている治療法が炭酸ガスを使ったレーザー治療です。いぼのみにアプローチするため周辺の肌を痛めない肌にも優しい方法で、痛みや施術後の色素沈着が起こりにくい特徴があります。

カウンセリング

なぜ出来るのか

いぼの治療は保険適用で行う方法と保険適用外の治療とに分けられます。一般の皮膚科を受診して治療を行う方が費用は小さく抑える事が出来ます。悪性のいぼの場合は保険適用となります。命の危険もありますので大きな病院を受診する必要があります。

女の人

まずは相談だけでもしよう

初めての美容外科クリニックでも無料カウンセリングで不安を解消できます。聞きたいことを何でも相談しましょう。いぼを除去したら定期的に美容外科クリニックに通うので気になることがあれば何でも相談してください。