女性

レーザーを使った治療法

顔を触る人

短期間で再発しにくい

いぼの治療は複数ありますが、炭酸ガスを使ったレーザー治療です。炭酸ガスを使ったレーザー治療は数多くのクリニックで利用されています。レーザーでいぼを除去していきますが、いぼのみを狙うため周辺の肌を痛めることがないため肌にもやさしい治療法です。レーザー治療はウイルス性だけでなく老人性のタイプにも適しています。レーザーを利用する目的はメリットが多い点です。施術中は出血が少なく、麻酔を使うため痛みもありません。麻酔が切れたあとでも少しヒリヒリとしますが、日焼けしたあとと同じ程度の痛みですので、痛みが少し気になる程度です。血管に一瞬で照射するため、すぐに肌も固くなるため出血雄ほとんどなく、傷の治りが早いため皮膚の負担もほとんどありません。1〜2回のレーザー照射でいぼは取り除けます。経過をみるために診察することはありますが、何度も施術することはありません。色素沈着の起こりにくく気になる跡もほとんど残りません。いぼは小さいうちに治療をはじめると費用も抑えることができます。一度施術すると治療回数が少なく、跡が残りにくいレーザー治療はおすすめです。いぼの治療は皮膚科または美容皮膚科クリニックで行う方法どちらかが主流です。違いは保険適用か適用外、そして治療法です。一般皮膚科では液体質素を使っていぼをひとつひとつ焼いていきますが、クリニックでは炭酸ガスレーザーを使っていきます。一般皮膚科では保険適用となりますが、美容クリニックでは保険適用外となりますが、肌に優しく施術後にきれいに仕上がる施術方法は炭酸ガスレーザーです。レーザーは一瞬で除去することができ、短時間で施術が完了するメリットがあり、1回で複数のいぼにアプローチすることができます。保険適用外なので費用は皮膚科の治療よりも嵩んでしまいますが、皮膚科での治療は少しずつ除去していくため、完全になくなるため数か月治療期間がかかりますが、レーザーの照射は多くのケースが1回で終了するため短期間で確実に処置したい場合には、クリニックでの通院がおすすめです。レーザー治療は色素沈着や傷跡が残ることも少なく、再発率が大変低いため気になる箇所にできたいぼには効果的な治療法です。