女性

キレイなお肌を目指す

顔を触る人

お肌の悩みの解消

いぼができてしまうとそれが悩みの原因になってしまうことがあります。見た目もあまりよくないので何とかして隠そうとする人もいます。悩みになりがちないぼにはウイルス性と非ウイルス性の2つの種類があります。ヒトパピローマウイルスというウイルスが爪の先などから侵入し、硬くなって盛り上がります。特に角質が厚い部分にできることが多いので、足の裏などに出来ることが多いです。角質があまり厚くない部分に関してはほとんどこのウイルス性のタイプはできません。その他の非ウイルス性のものは遺伝の要素が強いと考えられています。大抵の場合、身内にも同じ症状が見られるので、急に大量に発生をするということはほとんどありません。遺伝によりできやすい人と出来にくい人に分かれます。またいぼが出来やすい人の中には隠そうと考えてしまう場合があります。そうすると洋服との摩擦が生じて余計に大きくなってしまうことがあります。むやみに触らないほうがよいでしょう。紫外線にも発生の要因が含まれているので注意が必要です。いぼ治療をすることが可能です。どこで治療をしたらいいのか分からないということもあるかもしれません。一般の皮膚科でも対応をしてくれるので、皮膚科を受診してみるのもよいでしょう。特に悪性というわけでもない場合にはそのまま様子を見ることもありますが、クリニックによっては切除をしてくれるので、相談をしてみるとよいでしょう。最近では皮膚科もクチコミサイトがあるので、そのクリニックの評判も気軽にチェックをすることができるようになっています。いぼに関する相談を受けてくれて、積極的に切除をすることを薦めてくれるクリニックのほうが希望にそう治療を薦めてくれるでしょう。中には悪性ではないので切除をする必要がないと判断する医師もいます。切除をすることが体の負担になるかもしれませんが、悩んでいるのであれば取り除くことを検討してもらったほうが気分的にもよいはずです。患者の気持ちを考えることができないクリニックや医師に相談をしないで、しっかりと意見を聞いてくれるクリニックを探すことが必要になります。