女性

治療に関して知ろう

カウンセリング

治療の情報

いぼはそのまま放置しておくと、時にはサイズが大きくなってしまったり、数が増えてしまったりすることも有ります。ただ、放置しなければ完治させる事も十分可能ですし、さらに治療法によっては傷跡を出来るだけ目立たない状態にする事も十分可能です。現在行われている治療法は液体窒素を利用する方法や炭酸ガスレーザーを利用する方法が主流となっています。もちろんそのいぼの状態を見て他の治療法の方が良いと判断された場合は違う方法が採用されるし、色々と組み合わせる方が良いとなった場合は複数の方法が併用されます。この様にして治療する事によって、肌の表面に出ているいぼも簡単に除去する事が出来るようになります。もちろん傷跡はすぐに消えてしまうと言う訳ではありませんが、人間の体には自己修復能力も備わっているので、徐々に傷跡は薄くなります。傷のケアを正しく行えば、知らない人が見たらほとんどわからない様な状態にする事すら可能となっています。もちろんその治療自体は治療可能な部位が限られているわけではなく、体全体で行う事も可能なのもいぼ治療の魅力と言えます。いぼは取り除くことが可能で、さらにどれ位のサイズになったとしても、適切な方法で処置することが可能です。治療に要する期間はその治療法によっても違ってきますが、液体窒素の場合は数か月、炭酸ガスレーザーの場合は数回照射する事によって効率的な除去が可能です。治療を行う上で気を付けることの一つは、できるだけ衛生的にしておくと言う事ですが、これは他の怪我をした時も同様です。いぼを取り除いた後はすぐに綺麗な状態になる訳ではなく、小さな傷として最初は残っています。だから、そこを不衛生にしてしまうと余計なトラブルが発生してしまう原因となるため、必ず衛生的にしておくようにします。もう一つ重要なのは、なるべく日に焼けないようにする事で、これを守ることで傷跡を綺麗に治しやすくなります。傷跡自体は日焼けをするとどうしても残りやすくなってしまいますが、紫外線対策を正しく行うと傷が目立たなくなって行くからです。この処置に関しては病院側でもしっかりと指導してもらう事が出来るので、その指示を必ず守る様にします。